中等科前期試験

先日、中等科に通われているKA様の前期試験を行いました。(写真は前姿・後ろ姿ともKA様の着付けです。)

お洒落着と名古屋帯(お太鼓結び)を着付けます。

年末にも試験を行いましたが、残念ながらそのときは不合格でした。

 

満を持して今回の再試験となり、その結果見事、合格されました!

おめでとうございます!

 

初等科の試験でもそうですが、再試験を受けられた生徒様は、ものすごく上達の跡が見られます。初回の試験では緊張のあまり実力を発揮しきれないのも、理由の1つでしょう。2回目は落ち着いて受けられるのですね。

 

中等科は他装(=人への着付け)のお稽古ですが、どのように着つければよいか、どこを直せばよりきれいになるか等、すべて自装(=自分の着付け)に通じます。学科でも、きもの全般についてより深く学びます。

 

中等科進級は人に着付ける機会があるかどうかだけでなく、自分自身の着付けのレベルアップにも役立つのです。

 

KA様、これからも引き続き頑張りましょうね!