いけばな

←の写真は1階エントランスに飾られていたもの。とても大きくて、迫力満点です。

 

百段階段はテレビでは見たことがあったものの、中に入るのは初めて。

百段階段とはいうものの、実際は九十九段なのだとか。

「奇数は陽数で、縁起が良い数。その縁起のよい数の中でこれ以上ない大きな数字をふたつ重ねて99となった」説や「100という完璧な数字から1を引いてまだ良くなる余地を残した99にした、という未完の美学」説、といった縁起担ぎのためなのだとか。

 

たくさんある部屋それぞれに色々な流派のお花が活けてあり、その素晴らしいこと!一つ一つをじっくり観賞させていただきました。お部屋の雰囲気とも調和し、ほのかに花の香りもして、とても癒されました。

K先輩、チケットをどうもありがとうございました!

おかげで幸せなひと時を過ごすことができました♪

 

目黒駅への道すがら目黒大黒天へお参りもして、楽しい一日でした♪