女袴の着付け・その1

今年は暖冬だったので花粉の到来も早かったですし、桜の開花も例年よりずいぶんと早く訪れました。

3月の卒業式に桜が見ごろ、という感じでしたね。

残念ながら今年は新型コロナウィルスの影響で、いろいろと厳しい状況のようで、心苦しかったです。

学校の先生からの着付けの依頼も多くいただきました。「例年と同じようにはできないけれど、きちんと式を執り行って卒業生を送り出してあげたい」という先生方の思いに、こちらも身の引き締まる思いでした。

 

 

毎年卒業式シーズンは、袴の着付け依頼を多くいただきます。

1月の成人式が終わると、私たち着付け師は袴の着付けを練習し、本番に備えます。

大学生、小学6年生、学校の先生。

それぞれの年齢や体格、立場に合った着付けを心掛けます。

 

女性の袴の着付けでは、男性と違って後ろのシルエットがなだらかになるように、袴を背中につけます。

(男性は、袴の背板を背中にピタッとつけ、帯結びの部分で段差がはっきりとするようなシルエットにします。)

 

帯結びによって、そのシルエットがどう変わるのか。

体型によって、より適した帯結びは何か。

緩まない前紐の扱い方とは。

 

一度じっくり比較検討したいなと思っていたので、ようやく2月の半ばに取り組みました。

 

納得のいくまで比較検討したおかげで、自分の中ではすっきりしました。

写真の整理に時間がかかり、2月に取り組んだことが、文字にしてまとめるのが4月になってしまいましたが・・・。

 

まずは袴の前紐の扱いについて。

前紐の、後ろでの掛け方の違いから比較してみます。

帯は袴下帯を使い、帯結びは山ヒダを1つ半とったもの。

(右側から見ると、ヒダがSの字の形になっています。)

 


↑の前紐は、後ろへ回したら帯結びの上で交差させて前へ戻す伝統的なやり方。

この方法を基本として、他と比較してみます。

 

 

←は、後ろへ持ってきた前紐を、帯結びの上で1回ねじっています。


ねじることで、単に交差させただけの基本のやり方よりも、紐がしっかりと固定され、力も入れやすいので緩みにくくなります。

 

シルエットとしては、横からも、また後ろからも、違いはありませんでした。

 

 

←は、帯の上線に沿って後ろへ持ってきた前紐を、そのまま上線の位置で背中でひと結びし、結び目の両脇(=横)で下におろし、左右反対に交差させて前に持って行ったもの。


ひと結びすることで、袴の前紐は緩まずにギュッと引き締まりますが、帯結びを押さえつけていないので、横から見たときに、帯結びがものすごく膨らんで見えます。

 

やっぱり、帯結びを押さえるのって、必要ですね。

 

←は前紐を背中でひと結びし、帯結びの上で5回ねじって紐を前に持っていったもの。


これが一番、しっかりと引き締まりました。

紐も緩まないし、横からのシルエットも、膨らんでいない。

 

ただし、デメリットとして、5回ほど紐をねじるので、その分前へ回す紐が短くなりますから、体格の良い人には不向きです。

 

 

<結論・・・前紐の扱い>

標準体型までの人は、ひと結びした後帯結びの上で4~5回ねじって前へ回す。体格の良い人の場合は、ひと結びして1回ねじって前へ回す。

 

化繊の袴は滑りやすく緩みやすいので、とにかく緩まないように着付けることが大事ですね。