衿芯の探究1

今月は気温の上下はあるものの、全体としては穏やかな気候ですね。

自宅マンションそばの中原街道では、ハナミズキが満開です。毎年桜の季節が終わると、桃色と白色のハナミズキが目を楽しませてくれます。

 

前回長襦袢について触れたので、今回は長襦袢には欠かせない「衿芯」について、取り上げます。

 

長襦袢の衿には首や顔、髪の毛などが触れて皮脂や汗などの汚れがつきやすいので、半衿をつけます。

でも長襦袢の衿と半衿だけではふにゃふにゃと柔らかいので、衣紋を抜いてきれいな衿元にするためには、衿に張りをもたせる必要があります。

そこで、衿芯を使います。

 

衿芯には、「差し込み式」のものと「三河芯」という衿に縫い付けるものの2種類があります。

古くからある衿芯は「三河芯」で、昔の長襦袢には、ちょっとゴワゴワしている衿のものがありますよね。

その半衿の下にあるのが「三河芯」です。

 

「差し込み式」「三河芯」それぞれに特徴があり、 どちらの衿芯を使うかは好みですが、現在は「差し込み式衿芯」の方が一般的です。

手軽でラクですし、衣紋も抜きやすいです。

 

三河芯については、また改めて取り上げることとして、今回は「差し込み式衿芯」について、少しまとめてみたいと思います。

 

取りあえず、代表的なものを撮りました。

 

上から

 

コーリン衿芯

塩瀬クリ

メッシュ変形

綸子一文字

綸子船底

 

です。

 

 

 

<衿芯の形>

 

大きく分けるとカーブのある「船底型(舟形、弓型)」と、まっすぐの「一文字」の2種類が一般的です。

 

船底タイプは、カーブを首に沿わせやすく、衣紋が抜きやすいです。上下逆にすると首回りに余裕ができるので、首の短い人やふくよかな人にもよいです。

 

一文字タイプは文字通り直線なので、半衿の中で安定しやすいです。

また、中央の下部分(=首の付け根に当たる部分)がくれている「クリ」と呼ばれるものもあります。

↑の写真で上から2番目が「クリ」で、4番目がくれた部分のない一文字ですね。

 

上記2つのタイプ以外に、「変形」というものもあります。(上から3番目)

カーブが首・肩にとてもよく沿います。

 

先端部分の拡大写真です。

塩瀬です。

(奥はコーリン)

メッシュです。塩瀬より柔らかく、透け感と通気性があります。

この2つは綸子(リンズ)。

しっかりとした厚みがあります。

極薄(ごくうす)の衿芯です。クリアファイルのような素材感。


 

 

<素材と使い分け>

 

① コーリン(ポリエチレン)

プラスチック製の衿芯で一番一般的なのが「コーリン衿芯」(コーリンは会社名です)。

カジュアルからフォーマルまで、そして通年使えるので、万能タイプの衿芯です。

適度な硬さと、船底型なので衣紋を抜きやすく、初心者にもオススメです。

コーリン社以外でこれと似たものに、ポリロンといった商品名のものもあります。 私個人の感想ですが、わずかながらコーリンより厚みと硬さがある感じがします。

 

↑の写真では分かりづらいですが、コーリンには通気性をよくするための穴があります。ポリロンにはありません。

でも、着用時に違いは感じません。(あくまでも、私個人の感想です。)

 

コーリンもポリロンも、2枚セットで大抵200~400円、といったところでしょうか。

 

 

② 塩瀬(本体はナイロン、縁取りは綿)

硬すぎず、柔らかな衿元を作ってくれます。繊維が斜めに走っているので肩の部分がバイヤスになり、自然なカーブが作れます。

一文字タイプのみ。通年使えます。

柔らかいので半衿の中に入れたまま長襦袢を畳んでも、折れないのは嬉しいです。

(入れっぱなしにできる! ←ズボラな私・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ  )

 

私の母は、プラスチック製の衿芯だと肩が凝るけれど塩瀬なら肩が凝らない、と昔言っておりました。

およそ1枚 300円前後。通年使えます。

 

実は、塩瀬には幅がいくつかあります。

手持ちのものだと、4.3㎝、4.5㎝、5㎝ のものがあります。

5㎝ のものは「幅広」のものですが、4.3㎝ と4.5㎝ のものは、おそらくメーカーによる違いだと思います。

半衿のつけ方によっては、衿芯が中で動いてしまう、あるいは逆に入らない、といったことがたま~に起こります。

 

 

③ 綸子(リンズ) (本体はポリエチレン、縁はナイロンやアセテート)

差し込み式衿芯の中で、一番厚みがあります。また、しっかりとした硬さもあります。

形も船底・一文字の両タイプあります。

硬いので衣紋がしっかりと抜きやすく、礼装向きです。特に留袖や振袖など、衿に厚みがあるものには綸子のしっかりとした衿芯を使うと、安定します。

また、古い長襦袢で、硬い芯地が入っているものにも、向いています。

だいたい1枚400円前後です。

 

①~③が、店頭でよく見かける一般的な衿芯です。

まだまだ続くので、今回はこの辺で・・。

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。<(_ _)>